消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容 > 「大腸内視鏡検査による大腸がん検診の有効性評価」

臨床研究内容

日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究事業 「大腸内視鏡検査による大腸がん検診の有効性評価」 The AKITA Japan Population-based Colonoscopy Screening Trial (Akita pop-colon trial)
(主任研究者:工藤 進英教授)

本研究は2017年3月に累計9732名の参加者をもって参加者募集を終了した。介入群4861名、非介入群4871名であり性、年齢別構成など2群は均等に割りつけられていた。検診内視鏡は市立角館総合病院、秋田赤十字病院の2施設で行われ、検診TCS実施率は92.5%(4496/4861)と検診内視鏡に対するアドヒアランスも良好であり盲腸到達率も99.7%(4483/4496)であった。検診TCSにおいて施行後の腹痛という軽微な偶発症を2例認めた。前処置評価では80%が良好であり挿入時間、抜去時間の中央値はそれぞれ7分、8分であった。
これまでAkita studyと通称していたが、デザイン論文がアクセプトされ(International Journal of Colorectal Disease 35,933-939(2020))、The AKITA Japan Population-based Colonoscopy Screening Trial (Akita pop-colon trial)と命名された。今後初回スクリーニング内視鏡結果など順次論文化を進めていく予定である。

(児玉 健太)