消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容 > 「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」

臨床研究内容

日本医療研究開発機構研究費(AMED)8K等高精細映像データ利活用研究事業 「人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換」 (主任研究者:工藤 進英)

平成29年度からの3年間、AMEDからの支援を受けてスタートした本研究は、医工産官連携という理想的なスクラムを組んで実現いたしました。私は、研究代表者の工藤センター長をサポートする立場として、研究事務局を森悠一講師とともに務める機会を頂いております。下記はその概要です。

日本医療研究開発機構研究費(AMED)8K等高精細映像データ利活用研究事業
研究課題名:人工知能とデータ大循環によって実現する、大腸内視鏡診療の革新的転換
主任研究者:昭和大学横浜市北部病院消化器センター 工藤 進英
事務局担当:昭和大学横浜市北部病院消化器センター 森 悠一・三澤 将史
期間:2017年度 ~ 2019年度
研究費:令和元年度:89,000,000円
研究分担施設(臨床):国立がん研究センター中央病院、静岡県立静岡がんセンター、
東京医科歯科大学、がん研究会有明病院、大腸肛門病センター高野病院、
虎の門病院、NTTビズリンク社
研究分担施設(人工知能アルゴリズム開発):名古屋大学
研究分担施設(機械学習用ネットワーク構築):オリンパス株式会社
研究分担施設(ソフトウェア製造・薬機法承認申請):サイバネットシステム株式会社

本研究では平成28~30年度に実施したAMED医療機器開発推進研究事業の研究課題をさらに発展させ、病変の検出、発見した病変のより詳細な診断、診断に基づく最適な治療法提案、さらには早期癌切除後のマネージメントまでを総括的に支援する人工知能(AI)を開発するという野心的なプロジェクトです。この実現するAIの構築には大量の教師データが必須です。本研究ではこの教師データを専用の学術ネットワーク回線を使用し、国内5施設から名古屋大学情報基盤センターに直接送信するという前例のないインフラを構築しました。令和元年度は本研究の集大成となる最終年度です。事前の予定をかなり前倒し2種類のAIソフトウェアが完成、薬機法承認申請にこぎつけることができました。特に大腸病変を自動検出するAIはEndoBRAIN-EYEとして2020年1月24日に薬機法承認を取得いたしました。これを受けて最終年度の事後評価においても10点満点中8.8点とAMEDより評価いただき、国際的に極めて競争力のある成果であると判断されております(下図)。本研究は今年度でいったん区切りを迎えますが、AI研究については立ち止まることなく、AIの強化、国際展開に向けて一層邁進してまいります。

(三澤 将史)