消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容 > 陥凹型大腸癌における発癌機序の解明

臨床研究内容

陥凹型大腸癌における発癌機序の解明

九州大学別府病院外科 三森功士教授の研究室と共同で陥凹型大腸癌における発癌機序の解明」をテーマに研究を進めている。
大腸癌の発癌経路については、adenoma-carcinoma sequenceが支持されてきた。一方、正常粘膜から腺腫を介さずに直接癌化するde novo 癌の存在が報告され、内視鏡診断学や病理学の立場から、陥凹型大腸癌(0-Ⅱc病変)がそのde novo 癌であると考えられている。
現在までに、陥凹型早期癌19例および隆起型早期癌8例のWhole Exome sequenceおよびRNA sequenceを施行し、比較検討した。陥凹型大腸癌ではadenoma-carcinoma sequenceで重要なKRAS変異を認めず、また、陥凹型大腸癌では染色体のコピー数増幅が強く、adenoma-carcinoma sequenceとは異なる発癌の過程を経ている可能性が示唆された。さらに、陥凹型大腸癌において、癌の転移の原因となるEpithelial Mesenchymal transition (EMT)、血管新生経路のpathwayの遺伝子発現が上昇しており、遺伝子学的にも悪性度の高さが示された。論文化し、現在投稿中である。
さらに、1つの病変から複数箇所の検体を採取し、遺伝子変異を比較検討することで、病変内全体に共通して認める遺伝子変異(ドライバー変異)および、一部分にしか認めない遺伝子変異(パッセンジャー変異)を明らかにし、癌の発育進展に重要な変異を導き出すことが可能である。現在、症例を集積し、解析を検討している。陥凹型大腸癌の悪性度の高さ、浸潤に寄与する遺伝子学的特徴が明らかにできればと考えている。

(神山 勇太)