消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容 > 肝胆膵外科の展開

臨床研究内容

肝胆膵外科の展開

消化器外科手術においては、近年、腹腔鏡下手術がほとんどの手術において施行されるようになってきております。しかしながら、肝胆膵領域においては、胆嚢良性疾患に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術は、広く普及しているものの、腹腔鏡下肝切除術や、腹腔鏡下膵体尾部切除は、限られた手術となっており、今後普及していくものと思われます。その理由は、手術自体の侵襲が大きいと考えられており、手技的に比較的困難であるということと、一度、合併症が起こると、重症化しやすくなる傾向にあると考えられているところです。
当センターでは、腹腔鏡下胆嚢摘出術はもちろんですが、肝切除においても、症例によって、腹腔鏡下手術を導入してきております。腹腔鏡下肝切除に関しては、旗の台、消化器・一般外科の協力のもと、術前3DシミューレーションやICG蛍光を利用した術中ナビゲーションを用いた、手術支援手技を実際に応用しながら手術を施行しております。これらの手法は、手術の安全性や腫瘍学的な根治性を担保するのに非常に有用であると考えられています。 また、さらに、今後は胆嚢摘出術にも徐々にこのような技術を応用し、胆道造影の代用として利用可能となるのでは、と考えております。
当センターは、大腸癌のいわゆるハイボリュームセンターである事から、肝切除に関しては肝細胞癌と比較して、転移性肝癌が多い傾向にあります。ここの症例における、肝予備能や腫瘍の部位、大きさ、脈管浸潤の程度などにより、全てが適応になる訳ではありませんが、徐々に手術症例を増加させていきたいと思います。
臨床においては、当センターは、診断から手術までスムーズに移行できるところが特徴であります。今後とも地域医療に貢献できるように尽力してまいりますので、宜しくお願い致します。

(榎並 延太)